日本DID株式会社

  •  NETIS新技術情報提供システム詳細
  • 工事現場ITC導入
日本DID株式会社は、情報通信サービスの分野で、公共の公益に資する様々なシーンに適応するデジタルインフォメーションディスプレイ(DID)を開発しています。

主に工事現場での注意喚起、安心安全、法令掲示、作業工程、施工体系図、業者許可証、近隣対策、災害時避難誘導、徐行誘導、多言語など、様々な告知や公報におけるICT導入に特化したIoTソリューションの融合を得意分野にしています。

工事現場用デジタルサイネージは公共公益に資するパブリックビューとして近年注目を集めています。それはまさに日本DID株式会社の歩んできた道の評価と言って過言ではありません。

この度、新時代令和を記念してラインナップを一新しました。多岐にわたる告知情報や使用環境に合わせた形と画面サイズを提供します。また、輝度も2,500カンデラと超高輝度モニターを標準装備しました。

さらに、全国主要都市にモデル展示拠点を展開し、迅速なレンタル対応やコンテンツ制作環境を整備し高まる市場ニーズにお応えします。

MMB-KTR-H -infobooth Lineup      【infobooth】は日本DID株式会社の登録商標です。

MMB-KTR-H-32

MMB-KTR-H-32 仮囲い

MMB-KTR-H-32 -infobooth

MMB-KTR-H-32 -infobooth 仮囲い

MMB-KTR-H-46 -infobooth

MMB-KTR-H-46 -infobooth 仮囲い

MMB-KTR-H-55 -infobooth

MMB-KTR-H-55 -infobooth 仮囲い

MMB-KTR-H-75 -infobooth

MMB-KTR-H-75 -infobooth 仮囲い

ページのトップへ戻る